安心の施術!千葉で医療脱毛を受けるならこのクリニック!

千葉で安い価格で医療脱毛を受けるには?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/17

身体の体毛が濃いと悩んでいる方にお勧めなのが医療脱毛です。光やレーザー光での脱毛で楽々脱毛をしてもらうことが可能です。

といっても懸念はお値段。安い価格でできればアフターメンテナンスもし易いというものです。そこで医療脱毛を受けるにあたって、医療脱毛とはどのようなもので、どのような種類があるのかお伝えしていきます。

脱毛を想像すると痛いものなのでは

脱毛、という言葉から想像して考えると毛を皮膚から抜き取るわけですから、痛い想像をされる方は結構な割合でいらっしゃいます。

結論から申し上げますと痛くありません。確かに衝撃は多少あるのですが、激痛を伴うようなものではないことは確かに言えることです。手でと考えるとカミソリでその都度剃るくらいしか手段がありませんが、しかしそれでは大変な手間がかかってしまい、かなりの時間を費やします。

そして、手が届かない範囲はどうしても疎かになりがちで、完全にお手入れができるのかと言われてしまうとそれは難しいです。そのことを考えますと、他の手段で簡単にお手入れできるものが手間もかからないのでベストです。

その他の手段というのが、今回の医療脱毛です。こちらは皮膚から直接毛を抜き取るというわけではないので、衝撃を感じることは多少あっても痛みを伴わないのです。衝撃といっても軽いもので皮膚の負担も少ないのが特徴です。

どのような方法で脱毛されるのか

一口に医療脱毛といっても、こちらにもいくつかの種類があります。自分自身にあったものを選択することが可能なので、その方式を提供しているところを選べます。

かなり安価なものだと光脱毛がありますが、現在ではレーザー脱毛が主流です。光脱毛方式よりも痛みが格段に少ないため、レーザーが多く選ばれています。レーザーを皮膚に照射することで、皮膚に生えている毛の組織を破壊するというものです。毛の組織だけをうまく破壊してくれるので、皮膚への負担も少ないです。

照射の方式も複数あり、ショット式と蓄熱式に分かれています。ショット式はレーザー脱毛が誕生した当初からある方法で、毛の根元の発毛組織まで単発のレーザーで瞬間的に破壊するというものです。そのため、照射したところに毛は生えません。ですので、ムダ毛処理にはお勧めです。

蓄熱式はその手前の毛の組織までですが、弱いエネルギーで破壊してくれるので、皮膚への負担はさらに減ります。

レーザー脱毛の種類はどのようなものがあるか

照射方式にも種類があるように、当然照射される光、レーザーにも種類がありそれぞれ特徴があります。

レーザー脱毛は世界的に使用されているものになりますので、皮膚の色によって使い分けされています。皮膚組織にあるメラニンという色素が皮膚の色の濃淡につながっていて、メラニン量によって医療脱毛に使われるものが変わってきます。

色の薄い肌にはアレキサンドライトレーザーがおすすめです。メラニン反応が良いことからもともとはシミ治療にも使われていたため、美肌効果にも一役買っています。YAGレーザーは逆にメラニン反応が弱いために、色黒肌の方にお勧めです。ダイオードレーザーはその二種類の中間になっています。安い価格で受けるには多く使われていることが重要です。

日本ではアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーが多く使われているようです。千葉は首都圏に近いので安い価格で受けられるところがいくつもあります。レーザーの照射方式や、どのようなレーザーを使っているのかというところも、千葉では難なく好きなものを選ぶことができます。

医療脱毛と聞くと痛いイメージがありますが、レーザー脱毛によって皮膚への負担も少なく、何より痛くない脱毛が可能です。首都圏である千葉では脱毛サロンがいくつもあります。種類もその代わり多様ですので千葉で安い価格で受けるにはこのような種類を選んで判断するのをお勧めします。

サイト内検索
医療脱毛関連コラム