安心の施術!千葉で医療脱毛を受けるならこのクリニック!

レーザーやニードルなど、医療脱毛における施術内容の種類

レーザーやニードルなど、医療脱毛における施術内容の種類

 

女子力が高い人にとってはもはややって当たり前の脱毛。
自己処理で脱毛するよりも肌への負担も軽く、仕上がりも綺麗になるので若い人だけではなく幅広い年齢や性別の人から注目されています。
一口に脱毛と言っても様々な方法があるのはご存知でしょうか?
脱毛方法によっては痛みも少ない物もあれば、クリーム麻酔をしなければ痛い場合もあります。
では、実際医療脱毛で採用されている脱毛方法はどんなものがあるのか見てみましょう。

 

主に3種類の方法があります

現在クリニックで採用されている方法は主に3種類あります。
レーザー脱毛・光脱毛・電気脱毛の3種類です。

 

■レーザー脱毛
まずはレーザー脱毛です。
レーザー脱毛とは特殊な光をだす機器を使用し、毛根の組織を破壊して脱毛する方法です。
主にクリニックが使用しているレーザーは

・ダイオードレーザー

・アレキサンドライトレーザー

・ヤグレーザー

の3種類です。

ダイオードレーザーは日本人の肌質にぴったりな脱毛機器です。

アレキサンドライトレーザーは濃いムダ毛に対して強い効果を発揮しますが、痛みが強いため使用する際はクリーム麻酔を使用してもらいましょう。
ヤグレーザーは昔から美容医療に使用されてきたレーザーです。

 

■光脱毛
2つ目は光脱毛です。
光脱毛とはインテンスパルスライトという機械を使用し、脱毛したい部分に光を当てます。
その照射したエネルギーでムダ毛のメラニン色素に反応し、脱毛を促します。
光脱毛は今あるムダ毛を永久脱毛するというよりも、太い毛を産毛のように細く目立たなくさせるという方法です。
脱毛間隔としては2か月から3か月に1度、毛量や毛質にもよりますが、通う年数も1年から2年と長期間になってしまいます。

また、最近では家庭用の光脱毛器が販売されています。
クリニックより照射レベルは低いのですが、家庭でも簡単にムダ毛を脱毛することができます。
平均市場価格は2万円となります。

 

■電気脱毛
3つ目は電気脱毛です。
電気脱毛とは、非常に細い針を使用し、1本1本の毛穴に電気を流して毛穴の毛根を破壊し、ピンセットで抜いていきます。
レーザー脱毛や光脱毛とは違ってその場で確実に永久脱毛をすることができます。
10年以上たってもムダ毛は生えることがなく、脱毛効果は非常に高いです。
以前は電気脱毛は痛みが強くて施術後も肌が赤くなってしまうことが多かったのですが、今はクリーム麻酔もあり、機械も最新のものは痛みも少ないので安心して施術を受けることができます。

最近ではこの電気脱毛は、クリニックだけではなく大手エステサロンで施術を受けることができます。
医療機関よりもお得に脱毛が出来る場合もありが、クリニック程まだメジャーな方法ではありません。
今すぐ脱毛をしたい人や確実にムダ毛を処理したい人から注目されている脱毛方法です。

 

安全に脱毛をしたいならクリニックの脱毛がおすすめ

肌が弱くて自己処理が出来ない、自己処理後の肌あれが気になるという人でも脱毛が出来る医療脱毛。
必ず医師の診察をしてから脱毛をするので、安心して脱毛をすることができます。

現在クリニックで使用されている代表的な脱毛方法で、毛量や毛質、肌質に合わせて医師があなたにぴったりの脱毛方法を提案してくれます。
機器や部位によって痛みを感じてしまうので、遠慮せずにクリーム麻酔を使用してもらうようにしましょう。

また、脱毛後にひりひり感や炎症が起こってしまった場合、クリニックなら医師の診察をすぐに受けることができ、多くのクリニックでは薬代はプランに含まれているので安心です。
各クリニックのホームページでは使用している脱毛器や脱毛方法が詳しく掲載されています。
脱毛をしたいと考えているひとは参考にし、自分にあった方法でつるつる肌を手に入れましょう。