安心の施術!千葉で医療脱毛を受けるならこのクリニック!

千葉で医療脱毛クリニックに対応してもらえないケース

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/07/30

暖かい季節になると、肌を露出させることが多くなり、体の脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。

医療脱毛は、美容サロンに比べて少ない回数で効果を実感できることから人気があります。千葉にも医療脱毛を受けることができるクリニックがたくさんあるのです。

ご自身が施術を受けられるかどうかなど事前に知っておきましょう。

結婚式前は、施術を断られる可能性が!

結婚式を間近に控え、千葉で医療脱毛を受けようと考えている人は注意が必要です。どんなに安全面に配慮されたクリニックであっても、トラブルが起きやすい肌や効果が出やすい肌など個人差が生じます。もちろん医療脱毛は安全な施術です。しかし、万が一肌に炎症などのトラブルが起きてしまったら、せっかくのウェディングドレス姿が台無しになってしまうかもしれません。そのため、結婚式の1ヶ月以内での脱毛は対応してもらえないケースがあります。

全てのクリニックで対応が不可というわけではないので、まずはクリニックに直接確認をしてみると良いでしょう。肌トラブルのリスクを抑えるためにも、結婚式のために脱毛をしようと考えている人は、ギリギリではなく余裕を持って数ヶ月前から始めると良いと言えます。

結婚式は、式の準備や体のメンテナンスなどやらなければならないことがたくさんあります。できるだけ余裕を持って全ての準備を行うようにすると良いでしょう。

日焼けや傷は、脱毛でトラブルが起こることも!

医療脱毛を受ける場合に、最も断られる可能性が大きいのが日焼けや傷跡、タトゥーなどです。どんなに安全な光脱毛やレーザー脱毛であっても、多少は肌への負担が生じます。そのため、すでにダメージを受けている状態の日焼けした肌は、トラブルが起こりやすいのです。

必ず日焼けをしていない状態の時に施術を受けるようにしましょう。冬場から始めると良いかもしれません。季節を問わず日頃から日焼け対策をしておくと、脱毛だけでなくキメの整った美しい肌を手に入れることもできます。

一般的な脱毛機は、熱を持った状態で黒いものに反応するようにできています。傷跡やタトゥーがあった場合、これに反応して火傷を引き起こしてしまう可能性があるのです。

日焼けや傷跡、タトゥーなどは、千葉だけでなく多くの脱毛クリニックで対応してもらえないでしょう。日焼けや傷がある場合は症状が落ち着くまで待ち、タトゥーがある場合は事前にクリニックに報告し、この部分を避けて施術してもらうようにしましょう。

持病や服薬をしている人は必ず相談してください!

脱毛によって悪影響を及ぼさないためにも、持病や服薬中の人は必ず相談しなければなりません。クリニックだけでなく、持病で通院している病院にも相談しておくと安心です。皮膚ガンやアルコール依存症の既往歴がある人やペースメーカーを入れている人、糖尿病や緑内障を患っている場合は施術を断られる可能性があります。

また抗ヒスタミン剤や非ステロイド系の抗炎症鎮痛薬を服薬している場合は、薬剤性光線過敏症という副作用を引き起こす可能性があります。この薬剤性光線過敏症は、赤い発疹や水ぶくれ、関節炎など様々なリスクがあるのです。抗菌薬や痛風治療薬、ビタミン剤などに多く含まれています。

施術を受けられるかどうかは、持病や飲んでいる薬の量など人それぞれです。しかしリスクを考えると、まずは一度、かかりつけの病院や主治医に相談をしてから脱毛を始めましょう。施術を受けられる場合、脱毛のクリニックでも隠さずにしっかりと申告しておくことが大切です。

 

これら以外にもアルコールを飲んでいる場合や体調不良、ニキビなどで対応してもらえないケースがあります。また生理中はホルモンバランスが崩れて肌が敏感になり、施術ができない場合が考えられます。しかしこれらは一時的なものなので、症状が良くなればまた脱毛を再開することが可能です。

気になることがあれば、必ず脱毛クリニックのスタッフに相談しましょう。

サイト内検索
医療脱毛関連コラム