安心の施術!千葉で医療脱毛を受けるならこのクリニック!

医療脱毛を受けるなら日焼けはNG!?

千葉で医療脱毛を受けるときには、一つ絶対に気をつけておかなければいけないことがあります。

これを忘れてしまうと予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので注意が必要です。

医療脱毛は安全性の高いものですが、決まりを守るからこそ安全性が保証されるのであって、守らなければ何が起こるのかわかりません。

そのため、決まりはしっかりと覚えておきましょう。

医療脱毛は効果が強いだけに負担も大きい

医療脱毛というのは、仕組みとしてはサロンで行われているものと同じようなものとなってます。

どちらも特殊な光を当てることによって脱毛を行うのですが、違いは使用をしている機器の違いがあります。

医療脱毛では、高出力の医療用レーザーを用いて脱毛処理を行うことになるので、それだけサロンよりも高い効果を得ることができるというわけなのです。

出力が強いのは効果が高くなるというメリットが有る一方で、肌への負担も大きくなってしまうというデメリットがあります。

基本的には人体に影響の少ない方法ではありますが、医療用レーザーのように出力の強いものだと扱い方を間違えば、肌にトラブルが起きる危険性もあります。

だからこそサロンのように素人が施術をする場所では使用をすることができず、医療機関でのみ使用を許されているというわけなのです。

施術をするのが専門の知識を持っているプロだからこそ、安全が担保されることになるので、高出力の医療用レーザーを用いても安全に脱毛をすることができるということになります。

脱毛を受ける側も最低限の知識が必要

千葉で医療脱毛を受けるときには直接説明があることでしょうが、日焼けをしていては脱毛ができないので注意が必要です。

これは医療脱毛に限らずサロンの脱毛でも注意される部分ではありますが、影響は医療脱毛のほうが大きいのでより注意が必要な部分となってきます。

なぜ、日焼けをしてはいけないのかというと、そこには脱毛の仕組みに理由があります。

医療脱毛の仕組みは毛根に対して、黒に反応をしやすい波長のレーザーを照射することによって、毛根を焼き切るという仕組みになっています。

毛根にはメラニンと呼ばれる黒い色素があるので、そこにレーザーを照射することで毛根が熱を持ち、その熱によって毛根及びその周辺の発毛に必要な細胞が破壊されてしまうのです。

黒い色が光を吸収しやすいことを利用したこの方法なのですが、黒い色に反応をするということは、日焼けをしていると毛根だけでなく肌にも反応をしてしまうということです。

本来であれば毛根だけが熱をもって安全に脱毛ができるところを、日焼けをしていれば肌も反応を起こし、火傷を起こしてしまう危険性があるのです。

自覚していない日焼けにも気をつける

千葉の医療脱毛では日焼けに注意をする必要があるのですが、それだけでなく自覚していない日焼けにも気をつけなければなりません。

真っ黒に日に焼けているときには誰もがはっきりとこれでは駄目だとわかるものですが、本人には自覚がない薄っすらと焼けた程度というのは気をつける必要があります。

千葉は夏は暑く日差しも強いので、気をつけていても薄っすらと日に焼けてしまっているということもあります。

このような場合であってもレーザーが肌に反応をしてしまって、問題が発生する恐れがあるので自覚していない日焼けもあるということを覚えておきたいところです。

目に見えない部分が日焼けもしていて、脱毛をするときにトラブルが起きるということもありますから、気をつけましょう。

 

どの程度までなら脱毛ができるのかというのは、クリニックで診断をしてくれるので不安があるときには相談をするところから始めるのが一番です。

日焼けが完全に収まるには時間がかかり、ただでさえ時間がかかる医療脱毛の期間ものびてしまうのでしっかり覚えておきたい所です。