安心の施術!千葉で医療脱毛を受けるならこのクリニック!

医療脱毛は痛い?痛みの原因と対策方法

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/17

千葉で医療脱毛の施術を受けたいけど痛みに対する不安感があり二の足を踏んでしまっているという人は多いのではないでしょうか。

医療脱毛は効果が高いですが、施術の際に痛みを伴うことがあります。

不安を解消させて安心して千葉のクリニックで施術を受けることが出来るようにするために、痛みの原因と対策方法についての理解を深めていきましょう。

 

エステサロンのフラッシュ脱毛よりも高い効果が得られる医療脱毛

医療脱毛とはクリニックで行われる医療レーザー脱毛のことで、エステサロンのフラッシュ脱毛よりも高い効果が得られます。

エステサロンのフラッシュ脱毛の場合は、完了するまでに12~15回程度の施術回数が必要になりますが、クリニックの医療レーザー脱毛の場合は5~6回程度の施術回数で効率的に効果的にスピーディーに脱毛を完了させることが出来ます。

医療行為として医師の指導で行われるので、万が一施術の際に肌トラブルが発生してしまった場合でも、すぐに医師による診察や治療を受けることが出来るので安心感があります。

確実性や迅速性や効率性を重視するなら、エステサロンのフラッシュ脱毛ではなくクリニックの医療レーザー脱毛を選ぶべきです。

永久脱毛が可能ですので、一度脱毛を完了させてしまえば二度とムダ毛が生えて来ることはありません。

千葉には医療レーザー脱毛の施術を受けることが出来るクリニックがたくさんありますので、それぞれをきちんと比較して自分のムダ毛の状態や悩みや予算やライフスタイルにぴったり最適なところを選びましょう。

 

医療脱毛の施術の際の痛みの原因について

医療脱毛は脱毛効果の高さゆえにレーザーを当てる瞬間にゴムでパチンと弾かれるような痛みが生じます。

その原因についてですが、レーザーを当てたときに毛根だけではなく毛根周辺の皮膚にも熱による刺激が伝わるからです。

日焼けをしていたり肌が乾燥していたりすとその痛さをさらに感じやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れがちな生理中なども肌が敏感になっているので痛さを強く感じることがあります。

施術する部位によっても痛さの程度が異なります。

痛みが出やすい部位の特徴としては、皮膚が薄くて敏感な箇所や粘膜の付近色素が濃くて太くて硬いムダ毛がたくさん密集して生えている箇所などがあります。

痛さを感じやすい具体的な部位としては、膝や肘などの関節や粘膜に近く濃いムダ毛が密集して生えてるデリケートゾーンや皮膚が薄くて敏感で濃いムダ毛が密集して生えているワキやムダ毛の自己処理により色素沈着を引き起こしていることが多いヒザ下やヒジ下などがあります。

 

医療脱毛の施術の際の痛みを軽減させるための対策方法

医療脱毛の施術の際の痛みを軽減させるための対策方法についてですが、まずは自分で出来ることから始めてみましょう。

自分で出来る対策としては、日傘や日焼け止めやUVケア効果が高い化粧品や帽子などを用いて紫外線対策を徹底的に行って日焼けをしないようにすることです。

また、クリームやローションやミルクなどで徹底的に保湿ケアを行い潤いをたっぷりとチャージして肌の乾燥を防ぎましょう。

そして、生理中は肌が敏感になっているのでキャンセルをして別の日に予約をするなどがあります。

痛みの軽減がなされている最新のマシンが導入されているクリニックが千葉にはたくさんありますので、痛くない最新のマシンが導入されているクリニックを選ぶということも重要なポイントとなります。

強い痛さがある場合は麻酔で対処してくれますので、我慢せずに相談してみましょう。

サイト内検索
医療脱毛関連コラム